Fotolia_57711710_Subscription_Monthly_M-599x428

◆問題にきちんと向き合わない

問題が解決していないのに、夫婦の一方、または双方が、話し合いから逃げてしまうのも、離婚しやすい傾向にあります。

うやむやにしたままでは、いつかは不満が爆発して、取り返しのつかないことになりかねません。
しこりを残さないように、夫婦で納得のいくまで話し合いましょう。

ただし、興奮のあまり心臓がバクバクするなど、冷静な話し合いができない状態であれば、一時中断するのはアリです。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ac9d4_717_7ee2afad6c1b2116e2a806e9f94b6691

◆責任のなすりつけ合いをする

何か問題が生じたときに、「夫と妻、どちらが悪いのか」と白黒はっきりつけたがるのも離婚しやすい夫婦の特徴です。

一方的に約束を破るなど、加害者・被害者が明らかなケースもありますが、夫婦間で生じた問題は基本的に“お互い様”。
犯人捜しをするのはやめましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

snapcrab_noname_2014-5-26_11-13-49_no-00

◆人格攻撃をする

お互いに人格攻撃し合っている夫婦も離婚リスクが高くなります。

もちろん、夫からイヤなことをされた場合、その行動について文句を言うのはアリです。
ただ、「本当にだらしがないんだから!」というふうに人格攻撃にまで及ぶと、夫のほうも「おまえこそキツイ女だな」などと炎上し、夫婦仲がどんどん険悪になってしまいます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ